• ホーム
  • 自動ペナルティと手動ペナルティの違いを理解する

自動ペナルティと手動ペナルティの違いを理解する

サイト運営、ひいてはSEO対策にとって何よりも大切なことは、ペナルティを回避して検索順位を下げないようにする事です。
しかし、検索エンジンのペナルティには自動ペナルティと手動ペナルティの二種類がある事をご存じない人も多いのではないでしょうか。
これが分かっていないとSEOにも失敗してしまう事になります。

まず、Googleでは全ての情報をクローラーで集めています。
この時、Googleガイドラインに抵触しているようなコンテンツや価値の低いコンテンツであれば、クローラーが自動的に判断してサイトの評価を下げるように動きます。

さらに、あまりにも悪質なサイトだと判断された場合には、Googleのスタッフが自分の目で確認して、サイトがGoogleガイドラインに違反していると判定する事になるのです。
この場合には、検索エンジンのインデックス対象から外されるなどの重い罰を受けます。
これが手動ペナルティです。

手動ペナルティを受けた場合には、サーチコンソールにGoogleから通知が届く事になるので、内容を確認してなるべく速やかに改善しましょう。
手動ペナルティを受けるサイトとしては、スパムを行っているサイトやコピーコンテンツで作られたサイトなどが挙げられます。

一方、確認方法がなく分かりにくいのが自動ペナルティです。
先に書いたように、それほど大きくない違反であれば、クローラーがサイトの価値を自動的に下げてそれが検索結果に反映されます。
自動ペナルティの場合、サイトは検索上位に上りにくくなります。

しかし、Googleから通知が届いたりはしないため、具体的な確認方法という物がありません。
サイト運営者のほうでは、何となく判断するしかない訳です。
すなわち、どうして自動ペナルティを受けてしまったかという原因に気が付かないと、いくらサイト改善をしても検索順位は回復しないのです。

罰の大きさという点では手動ペナルティへの対策が肝心です。
しかし、自動ペナルティへの対処も行っておかないと、サイトの訪問者数はなかなか増えて行きません。
自動ペナルティを受けた原因を知るには、検索エンジンの評価基準をよく知るという事が大切です。

スパムを行っているような悪質なサイトは論外ですが、内容の薄いコンテンツやよく整理されていないコンテンツも評価は低くなります。
こうしたサイトはインデックス速度も遅くなるため、ペナルティの一種だと考えて良いでしょう。
Googleでは価値の高いサイトだけを表示するためのアップデートをしばしば行っています。
ですから、自動ペナルティ対策とはGoogleアップデートへの対策だと言う事も出来ます。

関連記事