• ホーム
  • レスポンシブウェブデザインスマホでも見られるコンテンツを

レスポンシブウェブデザインスマホでも見られるコンテンツを

インターネットの閲覧でますます重要性を増しているのが、スマホやタブレットといったモバイル端末です。
これからのSEOでは、モバイル端末の利用者の利便性を意識したサイト作りが欠かせないと言えます。
とくに飲食店や販売店等の実店舗を持っている場合、モバイル向けのサイトがあるか無いかでビジネスの結果は大きく変わって来ます。

インターネット上には無数のサイトがあり、モバイル端末専用のサイトを作成している所も多いです。
しかし中には、モバイル端末とPCとでは表示のされ方が違うウェブサイトも存在します。
こうしたサイトはスマホやタブレットの利用者でも利用しやすく、自宅にいる時だけでなく外出先でも閲覧出来るという利点があります。

つまり、モバイル端末での見やすさを考慮してサイトを作成すれば、ユーザーの利便性が増してSEO上も有利になって来る訳です。
Googleでは、サイトをモバイル端末に対応させる事をモバイルフレンドリーと呼んでいます。
モバイルフレンドリーになっていれば検索エンジンでの順位も上がりやすいため、サイトの評価を上げる事にもつながって来ます。

では、こうしたウェブサイトはどのようにして作れば良いのでしょうか。
そのヒントとなるのが、レスポンシブウェブデザインスマホでもタブレットでも見られるようなウェブデザインになります。
これは簡単に説明すると、使用している端末の画面環境に合わせて、表示される画像やレイアウト等が自動的に変化するデザインの事です。

レスポンシブウェブデザインでサイトを作るには、ある程度ホームぺージ制作に関する基礎知識が必要になります。
必須となって来るのは、とくにHTMLとCSSに関する理解です。
これを使いこなす事はビギナーには結構難しい物がありますが、コツさえ覚えれば意外と簡単です。
また、ブログサイトのようにテンプレートが用意されている所であれば、すでにモバイルフレンドリーに対応している所もあります。

レスポンシブウェブデザインにするメリットは、やはりスマホやタブレットといった携帯端末のユーザーにとっての見やすさという点になります。
これをサイトに適用しておくと、スマホやタブレットを縦や横に回転させた場合でもそれに合わせてレイアウトを調整する、といった事が可能になります。
場合によっては、モバイル端末でもPCと同じように表示する事が出来ますし、その逆も出来る訳です。

関連記事